コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊浦 とようら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊浦
とようら

新潟県中部,新潟平野北部に位置し,福島潟沿岸にある地域。旧町名。 1955年本田村と中浦村が合体して福島村となり,同年豊浦村に改称。 1973年町制。 2003年新発田市に編入。西部は福島潟の干拓地であり,新潟平野の穀倉地帯にあって米作が主産業。南部に月岡温泉がある。地域の一部は五頭連峰県立自然公園に属する。 JR羽越本線,国道 290号線,460号線が通る。

豊浦
とようら

山口県西部,下関市中西部の旧町域。響灘に臨む。 1955年川棚村,黒井村,豊西村の3村と宇賀村の一部が合体して町制。 1956年小串町を編入。 2005年下関市,菊川町,豊田町,豊北町の1市3町と合体して下関市となった。丘陵性の山地と川棚川,犬鳴川流域や響灘沿岸の小平野とからなる。米作のほか,野菜栽培や木材の生産,酪農が発達。沿岸ではイカ,ブリ,ナマコ,ウニなどの漁獲が多く,タイ,ハマチの養殖や水産加工業も行なわれる。ベニヤ板セメント瓦の製造業があり,能木鉱山ではケイ砂を産する。下関市の都市化に伴い住宅地化が進行。前期旧石器時代の磯上遺跡や弥生時代の遺跡と古墳が残り,川棚温泉,茶臼山城址がある。小串のエヒメアヤメ自生南限地帯,川棚のクスの森,大吼谷蝙蝠洞 (おおごうやこうもりどう) は国の天然記念物に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の豊浦の言及

【小墾田宮】より

…603年(推古11)10月,推古天皇は,豊浦宮より小墾田宮に移る。そして,628年(推古36)3月に没するまでの間,この小墾田宮が推古朝政治の舞台となった。…

※「豊浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

豊浦の関連キーワード豊浦町噴火湾展望公園展望塔北海道虻田郡豊浦町船見町北海道虻田郡豊浦町新山梨北海道虻田郡豊浦町礼文華北海道虻田郡豊浦町海岸町北海道虻田郡豊浦町東雲町北海道虻田郡豊浦町山梨北海道虻田郡豊浦町幸町北海道虻田郡豊浦町旭町北海道虻田郡豊浦町上泉北海道虻田郡豊浦町大岸北海道虻田郡豊浦町大和北海道虻田郡豊浦町青山北海道虻田郡豊浦町豊泉北海道虻田郡豊浦町美和北海道虻田郡豊浦町新富北海道虻田郡豊浦町浜町北海道虻田郡豊浦町高岡北海道虻田郡豊浦町桜物部鎌足姫大刀自

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊浦の関連情報