コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵資 えし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵資 えし

?-? 飛鳥(あすか)時代の僧。
三論宗。白雉(はくち)3年(652)宮中に恵隠(えおん)をまねいて「無量寿経」の法門論議をおこなった際,論議者(問者)となった。大和(奈良県)元興(がんごう)寺の恵師,あるいは大化(たいか)元年に孝徳天皇によって十師のひとりにえらばれた恵至と同一人の可能性がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恵資の関連情報