悪戯ぽい・徒ぽい(読み)いたずらっぽい

精選版 日本国語大辞典「悪戯ぽい・徒ぽい」の解説

いたずらっ‐ぽ・い いたづらっ‥【悪戯ぽい・徒ぽい】

〘形口〙 (「ぽい」は接尾語)
① 好色らしいさまである。姿、態度などがみだらな感じである。
※人情馬鹿物語(1955)〈川口松太郎〉六「『一緒に寝てあげませうか』と、悪戯っぽい顔をしていひ」
② 悪戯をしそうなふうである。わるふざけといった感じである。
※黒猫(1930)〈龍胆寺雄〉三「僕の心にいたづらっぽい計画がうかんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android