コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒猫 くろねこ The Black Cat

7件 の用語解説(黒猫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒猫
くろねこ
The Black Cat

アメリカの作家,詩人エドガー・アラン・ポー短編小説。 1843年に『ユナイテッド・ステーツ・サタデー・ポスト』誌に発表,45年に『物語集』 Talesに収録。異常な心理から愛猫プルートーの片目をえぐり絞殺した男は,その夜火事にあい,焼け跡の壁には猫の姿が浮き出ていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くろねこ【黒猫】

《原題The Black Catポーの短編小説。1843年発表。発作的に黒猫を惨殺したことから、あやまって妻を殺害して破滅するに至る男の病的な心理を推理小説的手法で描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黒猫【くろねこ】

ポーの短編小説。《The Black Cat》。1843年作。酒癖の悪い男が,黒猫を殺そうとして過って妻を殺害,死体を壁に塗り込めるが,猫のうめき声がもとで露見する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

黒猫

1934年製作のアメリカ映画。原題《The Black Cat》。エドガー・アラン・ポーの同名小説の映画化。監督:エドガー・G・ウルマー。

黒猫

米国の作家エドガー・アラン・ポーの短編小説(1843)。原題《The Black Cat》。1934年のエドガー・G・ウルマー監督以降、何度も映画化されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くろねこ【黒猫】

ポーの短編小説。1843年発表。愛猫と妻を殺してしまった男の病的な心理を推理小説的手法で描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒猫
くろねこ
The Black Cat

アメリカの作家E・A・ポーの怪奇で幻想的な短編小説。1843年発表。「私」は、これという理由もなく、愛猫プルートの片方の目をえぐり、首をくくって殺してしまう。その夜、怪火で「私」の家は全焼する。そして焼け跡の漆食(しっくい)の壁に、首に縄をつけた巨大な猫の姿が浮かび上がる。それから数か月後、「私」の家にはプルートとそっくりな黒猫が住み着く。しかも片方の目がない。「私」はしだいにこの猫に嫌悪の情を募らせ、斧(おの)で打ち殺そうとするが、妻が止めに入る。逆上した「私」は妻の脳天に一撃を加えて殺し、その死体を地下室の壁に塗り込める。警官隊が家宅捜索にくると、「私」は地下室に案内し、わざわざその壁をたたいてみせる。すると異様な悲鳴がする。怪しんだ警官が壁を壊してみると、血糊(ちのり)のついた妻の死体がすっくと立ち、その頭上に、赤い口を開き、片方の目をらんらんと輝かせた黒猫が座っていた。[八木敏雄]
『八木敏雄訳『黄金虫・黒猫・アッシャー家の崩壊ほか五編』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒猫の言及

【キャバレー】より

…客を楽しませる舞台やダンスホールを付設した酒場のことで,語源はフランス語といわれる。その本来の形のものとしては,1881年,サリRudolphe Salis(1852‐97)が俳優,詩人,音楽家,画家を誘って,パリのモンマルトルに〈黒猫Chat Noir〉を作ったのに始まる。それは酒場と芸術,時事性と笑いや楽しみを結合した新しいタイプの市民的娯楽の創造だった。…

【幻灯】より

…画面を動かす努力はレノーÉmile Reynault(1844‐1918)が開発したプラクシノスコープ(1892)により現在のアニメーションに限りなく接近した。19世紀後半はこれら幻灯の黄金時代であり,パリの有名なサロン,キャバレー〈黒猫〉などでは盛んに上映会も行われた。 東洋ではイスラム神秘主義の流入とともに15世紀ころ根づいたジャワの影絵ワヤン,日本では江戸期に流行しだした走馬灯など,映像演劇,映像玩具がわずかに存在した。…

※「黒猫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒猫の関連キーワードアメリカの学者アメリカの声アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカ銃の秘密アメリカの影アメリカの友人エドガー・アラン・ポーパリのアメリカ人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒猫の関連情報