悪戯(読み)イタズラ

デジタル大辞泉「悪戯」の解説

いたずら〔いたづら〕【悪戯】

[名・形動](スル)《「徒(いたずら)」から》
人の迷惑になることをすること。また、そのさま。悪ふざけ。「悪戯が過ぎる」「悪戯な子」
いたずら小僧。いたずらっこ。
「弁当箱をポンと抛(ほう)り上げてはチョイと受けて行く―がある」〈二葉亭平凡
もてあそんではならない物をいじったりおもちゃにしたりすること。「子供がマッチを悪戯する」「悪戯半分」
自分のすることを謙遜していう語。芸事・習い事などにいう。「歌つくりはほんの悪戯です」
性的にみだらなふるまいをすること。強制猥褻婉曲な言い方。
「旦那が鳥渡(ちょっと)―をしたくなるのも…無理もねえて」〈荷風・薄衣〉

あく‐ぎ【悪戯】

たちの悪いいたずら。わるふざけ。

わる‐いたずら〔‐いたづら〕【悪戯】

たちの悪いいたずら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「悪戯」の解説

あく‐ぎ【悪戯】

〘名〙 悪いいたずら。わるふざけ。
※日蓮上人(1894)〈幸田露伴〉三「悪太郎と相伍して悪戯(アクキ)をすること更に無く」 〔北史‐斉文宣帝紀〕

わる‐ざれ【悪戯】

〘名〙 (形動) =わるじゃれ(悪戯)
評判記難波鉦(1680)一「わるされも何もある事でござんす」

わる‐いたずら ‥いたづら【悪戯】

〘名〙 たちの悪いいたずら。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「わるいたづらをするやつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「悪戯」の解説

悪戯〔テレビドラマ〕

日本のテレビドラマ。放映はテレビ朝日系列(1993年1月)。全4回。出演:黒木瞳、益岡徹、杉本哲太ほか。

悪戯〔エド・マクベイン〕

米国の作家エド・マクベインの警察小説(1993)。原題《Mischief》。「87分署」シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android