コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪戯 アクギ

7件 の用語解説(悪戯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あく‐ぎ【悪戯】

たちの悪いいたずら。わるふざけ。

いたずら〔いたづら〕【悪戯】

[名・形動](スル)《「徒(いたずら)」から》
人の迷惑になることをすること。また、そのさま。悪ふざけ。「悪戯が過ぎる」「悪戯な子」
いたずら小僧。いたずらっこ。
「弁当箱をポンと抛(ほう)り上げてはチョイと受けて行く―がある」〈二葉亭平凡
もてあそんではならない物をいじったりおもちゃにしたりすること。「子供がマッチを悪戯する」「悪戯半分」
自分のすることを謙遜していう語。芸事・習い事などにいう。「歌つくりはほんの悪戯です」
性的にみだらなふるまいをすること。強制猥褻婉曲な言い方。
「旦那が鳥渡(ちょっと)―をしたくなるのも…無理もねえて」〈荷風・薄衣〉

わる‐いたずら〔‐いたづら〕【悪戯】

たちの悪いいたずら。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

悪戯

日本のテレビドラマ。放映はテレビ朝日系列(1993年1月)。全4回。出演:黒木瞳、益岡徹、杉本哲太ほか。

悪戯

米国の作家エド・マクベインの警察小説(1993)。原題《Mischief》。「87分署シリーズ

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あくぎ【悪戯】

悪いいたずら。わるふざけ。 「腕白な少年時代のエクセントリツクな-に憧れたりした/秘密 潤一郎

いたずら【悪戯】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
〔「いたずら(徒)」と同源〕
人の迷惑になるようなふざけた行為。また、そうした行為をするさま。悪ふざけ。悪さ。 「 -な子供」 「単なる-にしては悪質だ」
本来おもちゃでないもので遊ぶこと。 「ライターを-してはいけない」
自分の趣味などを謙遜していう語。手なぐさみ。 「ちょっとパソコンを-しています」
品行のよくない・こと(さま)。 「 -娘」
異性に対し、みだらな行為をはたらくこと。 「教え子に-する」
(自然現象などが)人に思わぬ影響や作用を及ぼすこと。 「運命の-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪戯の関連キーワード徒寝悪戯小僧悪戯盛り悪戯っ子悪戯娘おいた茶目徒者いたずらの問題いたずら

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

悪戯の関連情報