悪戯(読み)アクギ

  • いたずら
  • いたずら〔いたづら〕
  • わるいたずら ‥いたづら
  • わるいたずら〔いたづら〕
  • わるざれ
  • 悪=戯
  • 悪▽戯

デジタル大辞泉の解説

たちの悪いいたずら。わるふざけ。
[名・形動](スル)《「徒(いたずら)」から》
人の迷惑になることをすること。また、そのさま。悪ふざけ。「悪戯が過ぎる」「悪戯な子」
いたずら小僧。いたずらっこ。
「弁当箱をポンと抛(ほう)り上げてはチョイと受けて行く―がある」〈二葉亭平凡
もてあそんではならない物をいじったりおもちゃにしたりすること。「子供がマッチを悪戯する」「悪戯半分」
自分のすることを謙遜していう語。芸事・習い事などにいう。「歌つくりはほんの悪戯です」
性的にみだらなふるまいをすること。強制猥褻婉曲な言い方。
「旦那が鳥渡(ちょっと)―をしたくなるのも…無理もねえて」〈荷風・薄衣〉
たちの悪いいたずら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

日本のテレビドラマ。放映はテレビ朝日系列(1993年1月)。全4回。出演:黒木瞳、益岡徹、杉本哲太ほか。
米国の作家エド・マクベインの警察小説(1993)。原題《Mischief》。「87分署」シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

悪いいたずら。わるふざけ。 腕白な少年時代のエクセントリツクな-に憧れたりした/秘密 潤一郎
名 ・形動 スル [文] ナリ 
いたずら(徒)と同源
人の迷惑になるようなふざけた行為。また、そうした行為をするさま。悪ふざけ。悪さ。 -な子供 単なる-にしては悪質だ
本来おもちゃでないもので遊ぶこと。 ライターを-してはいけない
自分の趣味などを謙遜していう語。手なぐさみ。 ちょっとパソコンを-しています
品行のよくない・こと(さま)。 -娘
異性に対し、みだらな行為をはたらくこと。 教え子に-する
(自然現象などが)人に思わぬ影響や作用を及ぼすこと。 運命の-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 悪いいたずら。わるふざけ。
※日蓮上人(1894)〈幸田露伴〉三「悪太郎と相伍して悪戯(アクキ)をすること更に無く」 〔北史‐斉文宣帝紀〕
〘名〙 たちの悪いいたずら。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「わるいたづらをするやつ」
〘名〙 (形動) =わるじゃれ(悪戯)
※評判記・難波鉦(1680)一「わるされも何もある事でござんす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪戯の関連情報