コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍胆寺雄 りゅうたんじゆう

2件 の用語解説(龍胆寺雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

龍胆寺雄
りゅうたんじゆう

[生]1901.4.27. 千葉,佐倉
[没]1992.6.3. 神奈川,大和
小説家。本姓,橋詰。慶應義塾大学医学部中退。 1928年の『放浪時代』が佐藤春夫に,『アパアトの女たちと僕と』が谷崎潤一郎に認められて流行作家となり,吉行エイスケらと新興芸術派を結成,淡い抒情,軽いニヒリズムを伴ったモダニズムの作家として活躍,『魔子』 (1931) ,『M・子への遺書』 (34) などを書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍胆寺雄
りゅうたんじゆう
(1901―1992)

小説家。茨城県出身。本名橋詰雄。慶応義塾大学医学部中退。1928年(昭和3)『放浪時代』で華々しく登場。続いて『アパアトの女たちと僕と』(1928)を発表、モダニズム文学の代表的作家としての地位を築く。30年新興芸術派倶楽部(くらぶ)を結成し、反プロレタリア文学の立場で活躍。都会の新風俗を描いた『魔子(まこ)』(1931)などを残したが、33年ごろからの文学思潮の変化の前にその影を薄め、やがて文壇の封建性を攻撃したことから文壇表面での活動から退いた。84年(昭和59)全集が刊行され、再評価の動きもみられる。サボテン栽培の権威でもあった。[高橋真理]
『『龍胆寺雄全集』全12巻(1984・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍胆寺雄の関連キーワード佐倉千葉県佐倉市井野千葉県佐倉市臼井千葉県佐倉市臼井田千葉県佐倉市大佐倉千葉県佐倉市大佐倉干拓千葉県佐倉市城千葉県佐倉市新町千葉県佐倉市鍋山町千葉県佐倉市本町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone