コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪戯者 イタズラモノ

デジタル大辞泉の解説

いたずら‐もの〔いたづら‐〕【悪戯者】

いたずらをする者。いたずら好き。「手に負えない悪戯者
みだらな者。特に、身持ちのよくない女性。
「様子や言葉使のみを見て、―だと断定してはならない」〈荷風濹東綺譚
徒人(いたずらびと)1」に同じ。
「今はつかさもなき―になれるよしなり」〈著聞集・五〉
悪さをする者。ならずもの。
「かかる無理無法なる―をば」〈仮・伊曽保・下〉
なまけ者。道楽者。
「かれは家業を嫌ふ―の世事知らず」〈読・英草紙・四〉
《江戸末期、ねずみ取り薬の行商人の売り声から》ネズミの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

悪戯者の関連キーワードいたずらなまけ者行商人身持ち道楽者徒人世事

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android