コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ソ

5件 の用語解説(鼠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そ【鼠】[漢字項目]

[音]ソ(慣) [訓]ねずみ
〈ソ〉
動物の名。ネズミ。「鼠咬症(そこうしょう)窮鼠首鼠田鼠殺鼠剤
こそこそと悪事を働く者のたとえ。「鼠賊
〈ねずみ〉「鼠色鼠算野鼠
[補説]「鼡」は俗字。
[難読]鼬鼠(いたち)金海鼠(きんこ)海鼠(なまこ)鼹鼠(もぐら)鼯鼠(ももんが)栗鼠(りす)

ねず【×鼠】

ねずみ」の略。「公」「銀

ねずみ【×鼠】

齧歯(げっし)目ネズミ科の哺乳類の総称。一般に小形で、体毛は灰色・黒褐色で尾は細長い。犬歯はなく、一対の門歯が発達し一生伸び続ける。繁殖力は旺盛だが、寿命は短い。農作物・貯蔵穀物などに甚大な損害を与え、また病気を媒介する。
ねずみ色」の略。
ひそかに害をなす者。
つまらない者。「ただのではない」
[下接語]藍(あい)鼠赤鼠油鼠家鼠薄鼠萱(かや)鼠川鼠関節鼠絹毛鼠木鼠銀鼠熊(くま)鼠黒鼠毛長鼠小鼠濃(こ)鼠独楽(こま)鼠子守鼠地鼠麝香(じゃこう)鼠白鼠大黒鼠田鼠旅鼠月の鼠天竺(てんじく)鼠尖(とがり)鼠棘(とげ)鼠跳(とび)鼠溝(どぶ)鼠南京(ナンキン)鼠濡(ぬ)れ鼠野鼠畑(はた)鼠二十日鼠針鼠火鼠姫鼠袋鼠葡萄(ぶどう)鼠舞鼠谷地(やち)鼠鎧(よろい)鼠利休鼠

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねず【鼠】

「ねずみ」の略。 「 -公」 「銀-」

ねずみ【鼠】

齧歯目げつしもくのうち主にネズミ亜目に属する哺乳類をさす。体長5~35センチメートル。尾は細長く、無毛。門歯が発達し、一生伸び続け、硬いものを嚙むのに適応している。繁殖力が強い。人家にすむ種は食料品や家財を荒らし、病原体を媒介する。野外にすむ種も農作物などを加害する。全世界に分布し、種類が多い。
「鼠色」の略。
ひそかに盗んだり悪をなしたりする者のたとえ。
「鼠花火」の略。 「庭涼み-が嫁を追つかける/柳多留 37
「鼠木戸」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼠の関連キーワードダイコクネズミドブネズミハツカネズミ尖鼠跳鼠鼠海豚畑鼠姫鼠鹿毛鼠棘鼠

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鼠の関連情報