コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒人 アダビト

9件 の用語解説(徒人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あだ‐びと【徒人】

浮気者。移り気な人。
「この君もいとものうくして、すきがましき―なり」〈・帚木〉
風流を解する人。
「―と樽を棺(ひつぎ)に呑(のみ)ほさん/重五」〈冬の日

いたずら‐びと〔いたづら‐〕【徒人】

役に立たない人。無用の人。徒者(いたずらもの)。
「忠雅らも―になりぬべくてなむ」〈宇津保・俊蔭〉
落ちぶれた人。
「―をば、ゆゆしきものにこそ思ひ捨て給ふらめ」〈・明石〉
死んだ人。死者。
「わが君、かくて見奉るこそ、―見奉りたる心地すれ」〈宇津保・国譲下〉

かち‐びと【徒人/歩人】

徒歩の人。歩いて行く人。かちんど。
「この内に入り満ちたる、車、―、数知らず多かり」〈栄花・御裳着〉

ず‐にん〔ヅ‐〕【徒人】

律令制で、徒(ず)に処せられ、労役に服する人。

ただ‐うど【人/人/×人】

ただびと」の音変化。

ただ‐びと【徒人/直人/×只人】

《古くは「ただひと」》
普通の人。常人。凡人。
「げに―にはあらざりけりとおぼして」〈竹取
天皇や皇族に対して、臣下の人。
「二条の后のまだ帝にも仕うまつり給はで、―にておはしましける時」〈伊勢・三〉
官位の低い人。貴族に対して、身分の低い人。
「―の、上達部(かんだちめ)の北の方になり」〈・二三六〉
世俗の人。俗人。僧に対していう。
「聖人…初め、―にましましける時には」〈今昔・四・二四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あだびと【徒人】

心の変わりやすい人。浮気な人。 「それはさる-にて、女ありと聞く所にてはさぞのたまふなる/宇津保 国譲下
風流を解する粋な人。 「 -と樽を棺ひつぎに飲みほさん(重五)/冬の日」

いたずらびと【徒人】

役に立たない人。不用な人。 「かく-にていますがる/宇津保 あて宮
落ちぶれた人。官職を失った人。 「かく-にて侍れば、官位の用も侍らねど/宇津保 国譲上
亡き人。死んだ人。 「 -見たてまつりたる心地すれ。死にて臥し給へりしさまよ/宇津保 国譲下

ずにん【徒人】

徒罪に処せられた人。 「其の二足を切りて-となすべし/今昔 13

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徒人の関連キーワード一癖独り身只者一筋例人浅野忠敬灘本唯人本多忠寛(1)松村忠英持永只仁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徒人の関連情報