徒人(読み)いたずらびと

精選版 日本国語大辞典「徒人」の解説

いたずら‐びと いたづら‥【徒人】

〘名〙
① 元の職務、地位などを離れた人。用のなくなった人。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「いたづらびとにて侍れば、官(つかさ)、位のようも侍らねど」
② おちぶれた人。見るかげもなくなってしまった人。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「親の人なみなみにていたはるにこそ、女は人とも見ゆめれ。かかるいたづら人の子をば何にせん」
③ 身体的・精神的に問題があって、世の中の役に立たない人。
※源氏(1001‐14頃)真木柱「かのさうじみは、とてもかくてもいたづら人と見え給へば」
④ 死んだ人。死人
※宇津保(970‐999頃)国譲下「影のごとなり給はむ人は、まいてかけても聞き給なば、いたづら人になり給なんものを」
⑤ 無法な行い、わるさをする人。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)六「うでこぎだてをめさるる人でいたづら人であったぞ」

あだ‐びと【徒人】

〘名〙
① 心に実のない、移り気な人。浮気者。
古今(905‐914)恋五・八二四「秋といへばよそにぞ聞きしあだ人の我をふるせる名にこそありけれ〈よみ人しらず〉」
② 風流を解する、粋な人。また、恋人。
※俳諧・冬の日(1685)「襟(えり)に高尾が片袖(そで)をとく〈芭蕉〉 あだ人と(たる)を棺(ひつぎ)に呑(のみ)ほさん〈重五〉」

ず‐にん ヅ‥【徒人】

〘名〙 (ずざい)に処せられた人。令制で、有期の使役刑に処せられ苦役に服している人。
※延喜式(927)二九「凡徒人年限者、従役日始計」

かち‐ど【徒人】

〘名〙 を用いないで、磯場へ泳いで行き、もぐってなどをとる海女(あま)。また、海岸近くで樽を使う海女をいうこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「徒人」の解説

ただ‐びと【徒人/直人/×只人】

《古くは「ただひと」》
普通の人。常人。凡人。
「げに―にはあらざりけりとおぼして」〈竹取
天皇や皇族に対して、臣下の人。
「二条の后のまだ帝にも仕うまつり給はで、―にておはしましける時」〈伊勢・三〉
官位の低い人。貴族に対して、身分の低い人。
「―の、上達部かんだちめの北の方になり」〈・二三六〉
世俗の人。俗人。僧に対していう。
「聖人…初め、―にましましける時には」〈今昔・四・二四〉

いたずら‐びと〔いたづら‐〕【徒人】

役に立たない人。無用の人。徒者いたずらもの
「忠雅らも―になりぬべくてなむ」〈宇津保・俊蔭〉
落ちぶれた人。
「―をば、ゆゆしきものにこそ思ひ捨て給ふらめ」〈・明石〉
死んだ人。死者。
「わが君、かくて見奉るこそ、―見奉りたる心地すれ」〈宇津保・国譲下〉

あだ‐びと【徒人】

浮気者。移り気な人。
「この君もいとものうくして、すきがましき―なり」〈帚木
風流を解する人。
「―と樽をひつぎのみほさん/重五」〈冬の日

かち‐びと【徒人/歩人】

徒歩の人。歩いて行く人。かちんど。
「この内に入り満ちたる、車、―、数知らず多かり」〈栄花・御裳着

ず‐にん〔ヅ‐〕【徒人】

律令制で、に処せられ、労役に服する人。

ただ‐うど【人/人/×人】

ただびと」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android