コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪戸御前 あくどごぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

悪戸御前 あくどごぜん

1631/-1713 江戸時代前期-中期,津軽信義(のぶよし)の側室。
寛永8年?生まれ。観音信者で陸奥(むつ)弘前(ひろさき)(青森県)の福寿院を再建し,弘前藩主信義の病気回復を祈願した。生地悪戸村に幸之袖東覚院を建立。大開・小開野の開拓にもつくした。正徳(しょうとく)3年3月死去。83歳?名はせん。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

悪戸御前の関連キーワード津軽信義側室

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android