コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悵然 チョウゼン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぜん〔チヤウ‐〕【×悵然】

[ト・タル][文][形動タリ]悲しみ嘆くさま。がっかりしてうちひしがれるさま。
「―として溜息ばかり吐(つ)いて」〈紅葉・二人女房〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうぜん【悵然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
失意のあまり恨みなげくさま。 「之に対して暫く-としてゐた/平凡 四迷」 「故郷の空をながめて-たり/西洋道中膝栗毛 七杉子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

悵然の関連キーワードトタル四迷

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android