コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報格差創造型マーケティング じょうほうかくさそうぞうがたマーケティング

1件 の用語解説(情報格差創造型マーケティングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報格差創造型マーケティング
じょうほうかくさそうぞうがたマーケティング

ある製品に関して供給者が顧客との情報格差を創造・維持し,取引上優位な立場に立とうとするマーケティング手法。売り手は,その持つ情報の優位性を生かして,買い手に対して優位な地位に立つことができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報格差創造型マーケティングの関連キーワード情報伝達機能価値観アップセリングクロスセリング顧客価値総顧客価値非顧客デザインインマーケティング・データベースデータ・モーション

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone