コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惜敗率 せきはいりつ

知恵蔵の解説

惜敗率

重複立候補」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せきはい‐りつ【惜敗率】

小選挙区選挙で、当選者の得票数に対する落選者の得票数の比率。小選挙区比例代表並立制で行われる日本の衆議院議員総選挙では、一人の候補者が比例代表と小選挙区の両方に重複して立候補でき、政党は比例代表名簿に複数の候補者を同順位で並べることができる。比例代表選挙では、政党が獲得した議席数に応じて比例名簿の上位から順に当選者となるが、同順位に複数の重複候補者がいる場合、小選挙区での惜敗率が高い順に当選となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せきはいりつ【惜敗率】

小選挙区比例代表並立制において、比例代表区の政党別名簿登載順位が同一の重複立候補者の中から当選者を決定する数値。小選挙区選挙での最多得票者の得票数に対する各重複立候補者の得票数の割合。数値が大きい順に当選となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

惜敗率の関連キーワード比例区の当選の決まり方比例区当選の決まり方

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

惜敗率の関連情報