コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愁い三重 ウレイサンジュウ

デジタル大辞泉の解説

うれい‐さんじゅう〔うれひサンヂユウ〕【愁い三重】

義太夫節の語り方の一つで、多くは一段の終わりにあって、愁嘆を表すもの。また、そのときの三味線の手。
歌舞伎下座音楽の一つで、三味線の独奏による、愁嘆を表す効果音楽。ふつう、主役が愁いをこめて花道を引っ込むときに、立三味線幕外へ出て演奏する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

愁い三重の関連キーワード送り三重三重

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android