コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愁嘆/愁歎 シュウタン

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐たん〔シウ‐〕【愁嘆/愁×歎】

[名](スル)
なげき悲しむこと。悲嘆。「わが身の悲運を―する」
愁嘆場」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

愁嘆/愁歎の関連キーワード伊藤小太夫(2代)山中平九郎(初代)芳沢あやめ(1世)坂田半五郎(初代)鈴木平八(初代)傾城阿波の鳴門愁い事・憂い事恋女房染分手綱井上播磨掾艶容女舞衣五大力菩薩愁嘆・愁歎安宅(能)女殺油地獄山本土佐掾一谷嫩軍記さらっと一柳直末早川初瀬送り三重

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android