愁嘆/愁歎(読み)シュウタン

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐たん〔シウ‐〕【愁嘆/愁×歎】

[名](スル)
なげき悲しむこと。悲嘆。「わが身の悲運を―する」
愁嘆場」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うれえ‐なげ・く うれへ‥【愁嘆】

〘自カ四〙 訴えく。悲しみ嘆く。
土左(935頃)承平五年正月二〇日「ふねいださず。みなひとびとうれへなげく」
※源氏(1001‐14頃)若菜下「この選びに入らぬをば恥に、うれへなげきたるすきものどもありけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android