コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛山渓[温泉] あいざんけい

世界大百科事典 第2版の解説

あいざんけい【愛山渓[温泉]】

北海道中央部,上川支庁管内上川町の南部にある温泉。石北本線安足間(あんたろま)駅より安足間川およびその支流ポンアンタロマ川沿いにさかのぼって21km,永山岳山麓の標高1030m付近にある。明治末に源泉が発見され,泉質は重曹泉,泉温46℃。アカエゾマツの純林に包まれた閑静な温泉郷に町営青少年の家が1軒だけで,大雪山の登山基地でもある。付近に雲井が原,沼の平などの高地湿原がある。【岡本 次郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android