コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛山渓[温泉] あいざんけい

1件 の用語解説(愛山渓[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あいざんけい【愛山渓[温泉]】

北海道中央部,上川支庁管内上川町の南部にある温泉。石北本線安足間(あんたろま)駅より安足間川およびその支流ポンアンタロマ川沿いにさかのぼって21km,永山岳山麓の標高1030m付近にある。明治末に源泉が発見され,泉質は重曹泉,泉温46℃。アカエゾマツの純林に包まれた閑静な温泉郷に町営青少年の家が1軒だけで,大雪山の登山基地でもある。付近に雲井が原,沼の平などの高地湿原がある。【岡本 次郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

愛山渓[温泉]の関連キーワード旭川石狩川上川支庁上川町上川上川盆地北上石狩胆振富良野

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone