アカエゾマツ(読み)あかえぞまつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「アカエゾマツ」の解説

アカエゾマツ
あかえぞまつ / 赤蝦夷松
[学] Picea glehnii (F.Schmidt) Masters

マツ科(分子系統に基づく分類:マツ科)の常緑針葉高木。大きいものは高さ40メートル、直径1メートルにも達する。樹皮は赤褐色で不規則な鱗片(りんぺん)状にはがれ落ちる。葉は線形で多少湾曲し、太くて短く、先端は鈍形で長さ6~10ミリメートル、裏面は緑白色。雌雄同株。6月に開花する。球果は長楕円(ちょうだえん)状円柱形で長さ4~8センチメートルあり下垂し、9~10月に暗紫褐色に熟す。環境に対する適応性が強く、耐陰性もあり、砂丘、火山灰礫地(れきち)など特殊な条件の所にもよく成林する。材は建築、器具、船舶、楽器、パルプなどに利用される。木は盆栽や庭木にされ、北海道では植林される。北海道および岩手県早池峰山(はやちねさん)、樺太(からふと)(サハリン)南部、南千島に分布する。

[林 弥栄 2018年5月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカエゾマツの言及

【トウヒ(唐檜)】より

…長野・山梨両県の霧ヶ峰から八ヶ岳を経て南アルプス北部の山々には,ヒメバラモミP.maximowiczii Regel ex Mast.とヒメマツハダP.shirasawae Hayashiとが限られた分布を示し,とくにヤツガタケトウヒP.koyamae Shirasawaは八ヶ岳西岳のみに産し,朝鮮半島と中国北部に近縁種がある。北海道には,樹皮が赤褐色で一年枝に短毛を密生するアカエゾマツP.glehnii (Fr.Schm.) Mast.(英名Saghalien spruce)がエゾマツと混生するか,湿原,蛇紋岩地,火山砂礫(されき)地,温泉地などの土壌条件の悪いところに純林をつくる。生長は遅いが,土壌適応性があり耐霜性も高いので,近年トドマツの生育が難しい沢沿いの低地や荒廃地などに植林されている。…

※「アカエゾマツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android