コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛本 あいもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛本
あいもと

富山県北東部,黒部市北部の旧村域。黒部川の谷口の愛本峡付近にある。 1889年村制施行。 1954年東山村,内山村と合体して宇奈月町となり,2006年黒部市と合体して黒部市となる。北陸道のうち三日市-泊間が夏季に氾濫でしばしば通行困難となるため,愛本を迂回する山麓道があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あいもと【愛本】

富山県東部、黒部市宇奈月うなづき町の地名。1656年架設とされる愛本橋は日本三奇橋に数えられるはね橋であったが、1891年(明治24)別の型の橋となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愛本の関連キーワード富山県黒部市宇奈月町愛本新富山県下新川郡入善町舟見富山県下新川郡入善町西中だいすき!!佐々木 大樹宇奈月[町]伊東彦四郎黒部(市)名数小辞典愛本橋錦帯橋三奇橋生祠

愛本の関連情報