コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇奈月 うなづき

3件 の用語解説(宇奈月の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇奈月
うなづき

富山県北東部,黒部市の南部・東部を占める旧町域。黒部川流域の山岳地帯と扇状地の扇頂部分に位置する。東で長野県に接する。 1954年東山村,内山村,愛本村の3村が合体して町制施行。 2006年黒部市と合体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うなづき【宇奈月】

富山県北東部、黒部川の下流域にある温泉町。電源開発とともに発展した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇奈月
うなづき

富山県北東部、下新川(しもにいかわ)郡にあった旧町名(宇奈月町(まち))。現在は黒部(くろべ)市の中央から東部を占める地域。旧宇奈月町は1954年(昭和29)東山、愛本(あいもと)、内山の3村が合併して町制施行。2006年(平成18)黒部市に合併。黒部川扇状地の扇頂部と、黒部峡谷の周辺山岳地域を占める。富山地方鉄道本線が通じ、宇奈月―欅平(けやきだいら)間には黒部峡谷鉄道も走っている。富山地方鉄道本線新黒部駅では北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅と接続し、新たな玄関口となっている。黒部川右岸は、段丘化した舟見野(ふなみの)扇状地の扇頂部の愛本新(しん)で江戸末期、伊東彦四郎によって峡谷内の支流音沢(おとざわ)谷から引水した愛本新用水の開通で水田化された。明日(あけび)は高野山真言宗法福寺の門前町として開けたが現在はほとんどが農家。この寺の稚児(ちご)舞は「越中の稚児舞」の一つとして国指定重要無形民俗文化財。黒部川に架かっていた旧愛本橋は木造の跳橋(はねばし)で日本三奇橋の一つであったが、その後鉄橋となり、1969年の洪水で流失。その下流側に新愛本橋ができた。黒部峡谷内の電源開発は昭和初年から上流に向かって行われ、現在関西電力の10発電所で89.27万キロワット、京阪神へ送電され、下流に北陸電力の低落差発電所が六つあり、揚水発電を除き水路式発電量(92.59万キロワット)では町村別で日本一の電源の町。また温泉も多く、宇奈月温泉のほか、黒部峡谷には黒薙(くろなぎ)温泉、鐘釣(かねつり)温泉(天然風呂(ぶろ))、名剣(めいけん)温泉、祖母谷(ばばだに)温泉などがある。欅平付近の奥鐘(おくかね)山、猿飛(さるとび)峡は特別名勝・特別天然記念物。下立(おりたて)にはえびすさん迎えの昔ながらの行事(11月20日)が残っている。[深井三郎]
『『宇奈月町史』全2巻(1969~1989・宇奈月町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇奈月の関連キーワード黒部富山県黒部市生地富山県黒部市石田富山県黒部市岡富山県黒部市富山県黒部市黒部新富山県黒部市中野富山県黒部市堀切富山県黒部市牧野富山県黒部市吉田

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇奈月の関連情報