コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛玩動物用飼料安全性確保法 アイガンドウブツヨウシリョウアンゼンセイカクホホウ

デジタル大辞泉の解説

あいがんどうぶつようしりょうあんぜんせいかくほ‐ほう〔アイグワンドウブツヨウシレウアンゼンセイカクホハフ〕【愛玩動物用飼料安全性確保法】

《「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の略称》犬や猫などのペットの健康保護を目的として制定された法律。ペットフードの安全を確保するため、製造・輸入・販売に規制を設けている。平成21年(2009)施行。ペットフード法
[補説]平成19年(2007)、有害物質のメラミンが混入した中国産ペットフードが原因となって米国で多数の犬・猫が死亡。日本にも同様のペットフードが輸入されていたことから、平成20年(2008)に農林水産省環境省が共管で法案を提出。同年に成立・公布された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

愛玩動物用飼料安全性確保法の関連キーワード有害物質補説

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android