コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛玩動物用飼料安全性確保法 アイガンドウブツヨウシリョウアンゼンセイカクホホウ

1件 の用語解説(愛玩動物用飼料安全性確保法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あいがんどうぶつようしりょうあんぜんせいかくほ‐ほう〔アイグワンドウブツヨウシレウアンゼンセイカクホハフ〕【愛玩動物用飼料安全性確保法】

《「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の略称》犬や猫などのペットの健康保護を目的として制定された法律。ペットフードの安全を確保するため、製造・輸入・販売に規制を設けている。平成21年(2009)施行。ペットフード法
[補説]平成19年(2007)、有害物質のメラミンが混入した中国産ペットフードが原因となって米国で多数の犬・猫が死亡。日本にも同様のペットフードが輸入されていたことから、平成20年(2008)に農林水産省環境省が共管で法案を提出。同年に成立・公布された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛玩動物用飼料安全性確保法の関連キーワード遺伝子組み換え食品の安全性評価原子力安全基盤機構国際原子力安全条約ペットフード法GRAS物質飼料成分表飼料要求率安全性の原則高齢者の居住の安定確保に関する法律科学飼料研究所

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone