愛甲氏(読み)あいこううじ

世界大百科事典 第2版の解説

あいこううじ【愛甲氏】

相模国愛甲荘を本領とする中世の武家。12世紀の初め,武蔵七党横山党の隆兼が愛甲内記平大夫を殺害してこの地に進出し,以後その一族が愛甲を称したといわれる。鎌倉時代には幕府御家人に列せられ,とりわけ愛甲三郎季隆は弓の名人として重用された。季隆は射手として幕府の重要な儀式に参加するとともに,2代将軍源頼家幼少時代の弓の師でもあり,曾我兄弟仇討があったことで知られる1193年(建久4)の富士野巻狩では,頼家に鹿を射止めさせる功をあげた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android