仇討

  • あだうち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
主君、親、夫などが殺された時、その家臣、子、妻などが、殺害者を殺してを返すこと。敵(かたき)討ち。復讐(ふくしゅう)。意趣討ち。あだがえし。
随筆・鳩巣小説(18C前か)下「赤穂義士仇討の時吉良上野介宅へ押よせ候時」
② 一般的に、しかえしをすること。
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉二「今に見てろ! 今迄いぢめられた仇討をしてやるから。俺達には組合があるんだ」
[語誌]「かたきうち」が古く、「かたき」と「あだ」とが混同されるようになって、「かたきうち」の意で「あだうち」の語が使われるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の仇討の言及

【敵討】より

…江戸時代後半期には幕府法曹吏員の間に,慣習,先例による敵討についての基本的な法制が形成されていたと考えられる。敵討は俗に仇討,意趣討などと呼ばれたが,幕府法上は敵討と称し,父母伯叔父兄姉など目上の者の敵を討つ場合に限られた。目下の者が殺害されたときには,親族は通常の刑事裁判の手続により,下手人の吟味を願い出るべきであった。…

※「仇討」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仇討の関連情報