コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感覚解離 かんかくかいりsensory dissociation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感覚解離
かんかくかいり
sensory dissociation

知覚解離,解離性知覚障害ともいう。表在感覚のうち温覚と痛覚のみが鈍くなり,触覚,深部覚,位置覚などは正常である特殊な知覚障害をいう。脊髄の灰白質が侵されると,脊髄視床路には障害が起るが,後索は侵されないため,このような現象が起ってくる。比較的まれな症候であるが,原因になる疾患としては,血栓症,脊髄内腫瘍,脊髄空洞症などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報