灰白質(読み)かいはくしつ(英語表記)gray matter

翻訳|gray matter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「灰白質」の解説

灰白質
かいはくしつ
gray matter

神経細胞の細胞体が密集し,神経相互の接合部を形成しているところで,肉眼で灰色に見える。脊髄では横断面でH字状を呈し,神経線維集合である白質がその周囲を囲んでいる。大脳小脳では皮質として白質を取巻く一方脳幹などでは白質内にも塊状に現れ,体内の諸領域から送られてくる情報の中継地点となる。これはと呼ばれる。灰白質は脊椎動物中枢神経系にあり,人間で最もよく発達している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「灰白質」の解説

灰白質【かいはくしつ】

中枢神経系の中で神経細胞が密集する部分で,断面灰白色を呈する。白質対語。脊髄では中心部に柱状(横断面はH状)に存在し,大脳や小脳では表面に集まって皮質と呼ばれる。しかし脳の諸所で白質の内部にも,核と呼ばれる灰白質のかたまりが形成されている。
→関連項目クロイツフェルト=ヤコブ病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「灰白質」の解説

かいはく‐しつ クヮイハク‥【灰白質】

〘名〙 脊椎動物の脳や脊髄で、神経細胞が密集している部分。灰白色を呈する。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の灰白質の言及

【脊髄】より

…これは,この高さから上肢あるいは下肢にいく太い神経が出ているため,脊髄の中でこれらの神経を出す神経細胞の集団がよく発達しているからである。
[脊髄の横断面]
 脊髄の横断面はほぼ楕円形で,神経細胞の密集したH字形の灰白質と,それをとりかこむ神経繊維の束からなる白質とからできていて,中央に中心管がある。また脊髄の後面と前面には縦に走る二つの溝があり,これによって脊髄は左右の半分に分かれる。…

※「灰白質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android