感電死(読み)かんでんし(英語表記)death from electrocution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感電死
かんでんし
death from electrocution

電撃死。通電による一種のショック死。家庭用の 100Vで死亡することはまれで,直流では 500V,交流では 300V以上が危険などといわれるが,電圧高低よりも電流の強さが大きく影響し,50~60Hzが最も危険といわれている。心臓や脳などが通電の経路に入っていると危険度が高く,心臓や中枢神経の機能障害で死亡することが多い。雷電は電圧が高く,落雷死の死因は呼吸中枢麻痺による窒息とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の感電死の言及

【感電】より

…電流が脳幹を通過すると呼吸麻痺により,心臓を通過すると心室細動により,ショック死する。これを感電死または電撃死というが,これを法医学的にみた場合,自殺と電気作業中の事故死が多く,他殺はほとんどない。 治療は,まず電流を遮断し,皮膚に対しては火傷の治療と同様に対処する。…

※「感電死」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感電死の関連情報