コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷電 らいでん

5件 の用語解説(雷電の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雷電
らいでん

日本海軍の局地戦闘機三菱重工業が開発し 1942年に初飛行したが,その後の開発に手間どり,実用になったのは 1944年であった。速度と上昇力に重点をおいた唯一の局地戦闘機として,ボーイングB-29爆撃機の迎撃に使われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らい‐でん【雷電】

かみなりといなびかり。雷鳴と電光。
日本海軍の単発単座の迎撃戦闘機。局地防空用として開発された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

雷電

日本のテレビアニメ『ガサラキ』(1998-1999)に登場する人型歩行兵器、タクティカルアーマー。頭頂高4.4メートル、重量2.5トン。操縦者は豪和(ごうわ)憂四郎ほか。豪和インスツルメンタルが開発。素早い移動が可能。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

らいでん【雷電】

かみなりといなずま。
旧海軍の局地戦闘機。大馬力エンジンを積んだ太い胴体が特徴的。第二次大戦末期に防空戦に活躍。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雷電
らいでん

雷は雷鳴を、電は電光をさす。したがって雷電とは音と光を伴った雷放電現象、すなわち雷雲内の、あるいは雷雲と大地の間の放電現象である。しかしながら雷はその一字で電光と雷鳴をあわせてさすとするのが普通であるので、その解釈によれば雷と雷電とは同義語である。[三崎方郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雷電の言及

【雷電為右衛門】より

…当時の横綱は上覧相撲を機に免許される土俵入り資格であって,番付の最高位は大関であった。雷電は横綱免許の機会はなく,明治以後の講談《寛政力士伝》では,土俵上で相手を投げ殺したため,横綱になれなかったという俗説が語られている。強いばかりでなく13年間の巡業日記を残し,東部町の実家に現存している。…

※「雷電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雷電の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雷電の関連情報