コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈光寺冬仲 じこうじ ふゆなか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈光寺冬仲 じこうじ-ふゆなか

1629-1691 江戸時代前期の公家。
寛永6年生まれ。五辻家の庶流で,戦国時代の数代は三木を称して伏見宮家につかえる。冬仲からふたたび蔵人(くろうど)として朝廷につかえ,慈光寺と称した。従四位下,中務権大輔(なかつかさごんのたいふ)。孫の澄仲(すみなか)のとき堂上家にとりたてられた。元禄(げんろく)4年8月13日死去。63歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慈光寺冬仲の関連キーワードマサチューセッツインノケンチウス12世オレンジ結社越後屋熊沢淡庵桂堂香林蒔田義成トロンプ奈良派アッバース1世

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone