コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明正天皇 めいしょうてんのう

美術人名辞典の解説

明正天皇

第百九代天皇。女帝。名は興子。父は後水尾天皇、母は二代将軍秀忠の娘東福門院和子。紫衣事件・春日局の天皇拝謁事件による後水尾天皇の譲位にともない、8才で即位。900年絶えていた女帝となる。在位14年で弟紹仁親王(後光明天皇)に譲位。譲位後は徳川幕府より毎年五千石の貢米が献上された。元禄9年(1696)崩御、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明正天皇 めいしょうてんのう

1624*-1696 江戸時代前期,第109代天皇。在位1629-43。
元和(げんな)9年11月19日生まれ。後水尾天皇の第2皇女。母は徳川和子(東福門院)。父の譲位により7歳で即位。父が院政をおこなう。称徳天皇以来の女帝で,将軍徳川秀忠の孫。21歳で異母弟の後光明天皇に譲位。元禄(げんろく)9年11月10日死去。74歳。奈良時代の女帝元明(げんめい)・元正(げんしょう)天皇から各1字をとって諡(おくりな)とされた。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は女一宮。諱(いみな)は興子(おきこ)。

明正天皇 みょうしょうてんのう

めいしょうてんのう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

明正天皇

没年:元禄9.11.10(1696.12.4)
生年:元和9.11.19(1624.1.9)
江戸前期の天皇。後水尾天皇の第2皇女。母は将軍徳川秀忠の娘和子(東福門院)。諱は興子。寛永6(1629)年10月29日内親王宣下,同年11月8日後水尾天皇の突然の譲位により受禅,翌7年9月12日即位。奈良時代の称徳天皇以来の女帝。興子は中宮嫡出の第1子で,中宮には皇子が2人いたがいずれも早世。寛永6年に生まれた中宮の第5子も皇女であったため内親王へ譲位となった。中宮所生の皇子を天皇として,徳川氏の血統が皇統に継承されることを望んだ幕府には意外なことであった。しかし幕府はこれにより外戚の地位を確保し,強大な幕府庇護による天皇の時代が始まった。当時天皇は7歳であり,実質的には後水尾院政の始まりである。天皇の在位は15年にわたるが,後水尾の事績の陰に隠れ在位期の業績や実像は表に現れない。譲位により武家伝奏を辞任させられた院の近臣中院通村 は,通称継橋宮 と呼ばれた女一宮(興子)について「世を渡る人の上にもかけて見よ いかに心のままの継橋」と詠んだという。幕府の庇護のもと,わがままな一面が目立ったのであろうか。現存する退位以後の宸翰からは,神経質そうな占い好きな性格がうかがえる。寛永20年10月3日,皇弟紹仁親王(後光明天皇)に譲位。以後54年間を仙洞御所で暮らし,74歳で没。京都泉涌寺内の月輪陵 に葬られる。奈良時代の女帝元明,元正天皇の諡号の各一字をとり明正院と追号された。<参考文献>熊倉功夫『後水尾院』

(母利美和)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいしょうてんのう【明正天皇】

1623‐96(元和9‐元禄9)
第109代に数えられる天皇。在位1629‐43年。名は興子(おきこ)。後水尾天皇の第2皇女,母は皇后和子(徳川秀忠の女東福門院),幼称を女一宮という。1629年(寛永6)10月内親王宣下,ついで11月父天皇の譲りをうけて践祚した。この譲位は,紫衣(しえ)事件などに見られるような幕府の干渉に反発してにわかに強行されたもので,ときに皇位を継ぐべき皇子は早世し,嫡出の第1皇女である天皇がしばらく皇位を継承することとなったのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいしょうてんのう【明正天皇】

1623~1696) 第一〇九代天皇(在位1629~1643)。名は興子。後水尾天皇第二皇女。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明正天皇
めいしょうてんのう

[生]元和9(1623).11.19. 京都
[没]元禄9(1696).11.10. 京都
第 109代天皇 (在位 1629~43) 。女帝。後水尾天皇の第2皇女。母は徳川秀忠の娘中宮和子 (東福門院) 。名,興子。後水尾天皇が江戸幕府の干渉,圧迫によって譲位したため,寛永6 (29) 年践祚,同7年9月即位。同 20年位を皇弟後光明天皇に譲り,太上天皇となった。明正の名は元明,元正2帝の諡字から定めたもの。陵墓は京都市東山区の月輪陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明正天皇
めいしょうてんのう
(1623―1696)

皇室系譜に109代とされる女帝(在位1629~43)。名を興子といい、後水尾(ごみずのお)天皇の第二皇女として生まれる。母は徳川秀忠(ひでただ)の娘東福門院和子(かずこ)。1629年(寛永6)、紫衣(しえ)事件に代表されるような多年にわたる幕府の干渉や圧迫に抗議して、病身を理由に後水尾天皇が突然譲位した。皇子が早世のため、わずか7歳で践祚(せんそ)、翌30年9月12日に即位した。幼少でもあり政務の実権は父の上皇にあったが、900年ぶりの女帝が再現された。在位14年ののち弟の後光明(ごこうみょう)天皇に譲位した。御陵は京都市東山区今熊野泉山町月輪(つきのわ)陵。[佐々悦久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

明正天皇 (めいしょうてんのう)

生年月日:1623年11月19日
江戸時代前期;中期の第109代の天皇
1696年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の明正天皇の言及

【女帝】より

…これらの天皇の出現は,天皇家の内部事情や藤原氏あるいは僧道鏡の政治的野心によると考えられる。9世紀以後はながく女帝の即位はなかったが,江戸時代に明正天皇(在位1629‐43),後桜町天皇(在位1762‐70)の2人の女帝が現れた。明正は父の後水尾天皇が突然退位したため,後桜町は兄の桃園天皇が急逝したためである。…

※「明正天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明正天皇の関連キーワード天曹地府祭幸阿弥長重幸阿弥派幸阿弥家土井利勝岡本玄冶日野資勝江玉真慶生年月日吉田宗活百済寺阿茶局玉露叢中期

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android