コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈業 じごう

2件 の用語解説(慈業の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈業 じごう

?-? 鎌倉時代の真言宗の声明(しょうみょう)家。
興福寺の僧で,のち鎌倉の二蓋堂の供僧(ぐそう)となる。進流の声明を聖海(しょうかい)らにまなぶ。嘉禎(かてい)元年(1235)高野山検校(けんぎょう)勝心の要請で進流の本拠を大和(奈良県)中川(なかのかわ)寺から高野山(南山(なんざん))にうつし,以後,進流は南山進流とよばれる。晩年は中川寺の住持となった。号は宝厳房。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

慈業

生年:生没年不詳
鎌倉前期の真言宗の声明家。字は宝厳房。進流の声明を宗観の付法の弟子聖海から学んだ。もと南都興福寺の住僧で,のち鎌倉へ下り,晩年は進流声明の本拠地であった大和(奈良県)の中川寺に止住した。嘉禎1(1235)年に41代の高野山寺務検校であった勝心から依頼があり,進流の本拠を中川寺から高野山へ移すことについて,奈良や京都の諸寺の賛同を得るなどして尽力したという。以後,進流は高野山(南山)を中心に展開したので「南山進流」と呼ばれるようになった。

(高橋美都)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慈業の関連キーワード弘法大師瑜伽乗院亮深新義真言宗湛智観験喜淵教如(2)玄慶尊遍普一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone