コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性中耳炎術後症 まんせいちゅうじえんじゅつごしょうChronic Otitis Media Postoperative

1件 の用語解説(慢性中耳炎術後症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいちゅうじえんじゅつごしょう【慢性中耳炎術後症 Chronic Otitis Media Postoperative】

[どんな病気か]
 耳の孔(あな)が大きくなる手術(中耳根本術(ちゅうじこんぽんじゅつ))などの後に、耳あかが外耳道(がいじどう)にたまって感染を誘発し、耳だれがおこる状態を慢性中耳炎術後症といいます。これらの手術後は、定期的に(3か月に1回程度)通院し、耳あかを取る必要があります。
[治療]
 耳だれが多い場合は、抗生物質を用います。また、難聴(なんちょう)がひどければ、鼓室形成術(こしつけいせいじゅつ)が必要です。
 予防は、外耳道を大きく広げず、乳突腔(にゅうとつくう)を削らない手術法を選んでもらいます。最近の鼓室形成術のほとんどは外耳道が大きくなる心配はありません。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone