コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性中耳炎術後症 まんせいちゅうじえんじゅつごしょう Chronic Otitis Media Postoperative

1件 の用語解説(慢性中耳炎術後症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいちゅうじえんじゅつごしょう【慢性中耳炎術後症 Chronic Otitis Media Postoperative】

[どんな病気か]
 耳の孔(あな)が大きくなる手術(中耳根本術(ちゅうじこんぽんじゅつ))などの後に、耳あかが外耳道(がいじどう)にたまって感染を誘発し、耳だれがおこる状態を慢性中耳炎術後症といいます。これらの手術後は、定期的に(3か月に1回程度)通院し、耳あかを取る必要があります。
[治療]
 耳だれが多い場合は、抗生物質を用います。また、難聴(なんちょう)がひどければ、鼓室形成術(こしつけいせいじゅつ)が必要です。
 予防は、外耳道を大きく広げず、乳突腔(にゅうとつくう)を削らない手術法を選んでもらいます。最近の鼓室形成術のほとんどは外耳道が大きくなる心配はありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

慢性中耳炎術後症の関連キーワードあないあなり何心地何なり針の穴不死身プリマドンナ病は気から耳の正月耳毛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone