慧猛(読み)えみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧猛 えみょう

1613-1675 江戸時代前期の僧。
慶長18年5月1日生まれ。真空にしたがって出家し,山城(京都府)槙尾(まきのお)西明寺にはいる。泉涌(せんにゅう)寺の如周らに真言をまなび,寛永18年自誓受戒。のち西大寺の高喜から灌頂(かんじょう)をうける。寛文10年河内(かわち)(大阪府)の野中寺再興。延宝3年3月21日死去。63歳。河内出身。字(あざな)は慈忍。著作に「三聚戒釈要」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

慧猛 (えみょう)

生年月日:1613年5月1日
江戸時代前期の律僧
1675年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android