野中寺(読み)やちゅうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野中寺
やちゅうじ

大阪府羽曳野市野々上にある高野山真言宗の寺。号は青竜山徳蓮院。聖徳太子御願 46院の一つで,蘇我馬子の建立と伝えられる。古くは堂塔が完備していたが,のちに衰え,江戸時代覚英慧猛などの僧が中興して戒を宣揚した。白鳳時代の弥勒菩薩半迦像を蔵し,境内地からは古建築の礎石と飛鳥式の瓦が発掘された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のなか‐でら【野中寺】

やちゅうじ(野中寺)

やちゅう‐じ【野中寺】

大阪府羽曳野市にある高野山真言宗の寺。山号は、青竜山。聖徳太子の命により蘇我馬子創建と伝える。南北朝兵火焼失、寛文年間(1661~1673)に再建。丙寅年(666)の銘をもつ金銅弥勒半跏像がある。中の太子。のなかでら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のなかでら【野中寺】

大阪府羽曳野市にある高野山真言宗の寺。山号、青竜山。聖徳太子の命により蘇我馬子が創建したと伝えられる。当初は法隆寺と似た伽藍配置を備え、その様式は野中寺式と呼ばれる。現在の建物は寛文年間(1661~1673)の建築。中の太子。やちゅうじ。

やちゅうじ【野中寺】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の野中寺の言及

【漢氏】より

…西漢は,河内国丹比・古市2郡を中心に,近接して居住し,文・武生・蔵の首(おびと)姓,船・白猪(しらい)・津の史(ふひと)姓などの各氏にわかれたが,東漢ほどの勢力はなく,八色の姓でも,忌寸をあたえられたのは文(書)首など少数にとどまった。しかし,8~9世紀に津氏が菅野朝臣(あそん)を賜り,政界で活躍し,また在地では,西琳寺(さいりんじ),葛井寺(ふじいでら),野中寺(やちゆうじ)などの氏寺を経営した。東漢氏【平野 邦雄】。…

※「野中寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野中寺の関連情報