慶光院清順(読み)けいこういん・せいじゅん

朝日日本歴史人物事典の解説

慶光院清順

没年:永禄9.4.3(1566.4.22)
生年:生年不詳
戦国時代の。伊勢慶光院第3代院主。初代の志を継いで,勧進による伊勢遷宮を企て,天文18(1549)年宇治大橋を造替した。次に永禄6(1563)年,豊受大神宮(外宮)の遷宮を129年ぶりに果たした。そのときには伊勢国司北畠氏に交渉して,伊勢・近江両国の関所を撤廃させて参詣者の便宜を図るなど,功績は大きい。最初皇大神宮(内宮)の造替を計画したが,内宮が承諾せず果たせなかった。外宮も僧尼の取り立てを逡巡したが,結局こちらは実現したらしい。紀伊国熊野の入鹿村出身の熊野比丘尼といわれ,綸旨宛名も「紀伊国清順上人御房」となっている。朝廷にも近く上人位を許され,また居室を「慶光院」と称する勅許を得て自らを3代と称したが,実質は彼女の功績による。は慶光院墓地にある。

(脇田晴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けいこういん‐せいじゅん ケイクヮウヰン‥【慶光院清順】

室町後期の尼僧。三重県伊勢市にあった慶光院の第三世住職。近江の人という。後奈良天皇の勅旨をうけ、諸国を歩いて浄財を集め、内宮、外宮の社殿を造営。また、外宮の正遷宮の大典を復活した。永祿九年(一五六六)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android