浄財(読み)じょうざい

精選版 日本国語大辞典「浄財」の解説

じょう‐ざい ジャウ‥【浄財】

〘名〙
① 伝道や慈善・社会事業などのために寄付する金銭。利得や報酬を考えないで寄贈する金銭。
※江都督納言願文集(平安後)五・不知願主三通「抽浄財以宛供養之費
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一六六「余裕が空間に吹き散らして呉れる浄財だ」
② 賭け事などではなく、まともな手段で得た財貨。
※桐畑(1920)〈里見弴〉二つの心「お前は金をもってゐる、その金は浄財(ジャウザイ)ぢァない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「浄財」の解説

じょう‐ざい〔ジヤウ‐〕【浄財】

寺社や慈善事業などに寄付する金銭。「浄財を募る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android