外宮(読み)ゲクウ

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐きゅう グヮイ‥【外宮】

〘名〙 天子が常に住むのとは別の宮殿。離宮。また、天子以外の王侯貴族の宮殿。
※平家(13C前)一「天下第一の美人のきこえましましければ、主上〈略〉外宮にひき求めしむるに及で」 〔史記‐淮南厲王伝〕

げ‐くう【外宮】

伊勢神宮の豊受大神宮をいう。祭神は、豊受大神で、穀物の神。とつみや。⇔内宮
※日本紀略‐長保四年(1002)九月六日「於建礼門前大祓、依明日被一レ伊勢外宮遷宮神宝使
※浮世草子・好色五人女(1686)二「内宮に見へも掛ず、外宮(ゲクウ)ばかりへちょっとまいりて」

と‐つ‐みや【外宮】

[1] 〘名〙 皇居以外に設けられた、宮殿。離宮。
※書紀(720)用明二年四月(図書寮本訓)「是の日に天皇得病(をほむここちそこなひ)たまひて宮(トツミヤ)に還入(かへりおはしま)す」
[2] 伊勢神宮の豊受大神宮をいう。げくう。
※古事記(712)上(兼永本訓)「次に登由宇気(とゆうけの)神、此は外宮(トツミヤ)の度相(わたらへ)に坐す神とまうすものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外宮の言及

【数】より

…中国人は地上における空間分割をまた天に投影して天を区分したのである。前2世紀ころの漢代では,天は北極を中心に,そこからの距離が36度の圏内にある決して沈まない星座を中官(ないしは中宮),その外側を囲み季節によって見え隠れする星座を外官(外宮)とし,外官をさらに四分割するのである。《史記》の東宮,南宮,西宮,北宮,のちの東方宿,南方宿,西方宿,北方宿がそれである。…

【伊勢神宮】より

…三重県伊勢市にある皇大神宮(図1)と豊受(とゆけ)大神宮(図2)の総称。前者を内宮(ないくう),後者を外宮(げくう)といい,両宮を併せて伊勢大神宮,大神宮,二所大神宮などとも呼ばれたが,現在では,神宮を正式の名とし,一般に伊勢神宮と呼ばれている。内宮は天照坐皇大御神,その神体として八咫(やた)鏡を祭り,天手力男(たぢからお)命と,瓊瓊杵(ににぎ)尊の母にあたる万幡(よろずはた)豊秋津姫命を合祀し,別宮10社,摂社27,末社16,所管社30などを併せている。…

【離宮】より

…古くは天皇の出遊のために宮都以外に設けられた宮殿をいう。外宮(とつみや)。〈りぐう〉ともよむ。…

※「外宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外宮の関連情報