コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶光院 けいこういん

百科事典マイペディアの解説

慶光院【けいこういん】

三重県伊勢市宇治浦田町にあった臨済宗尼寺。またその歴代住職の院号。16世紀初頭,初代の守悦が伊勢神宮衰微を嘆き,宇治橋を架け替えたのに始まり,3代清順は外宮遷宮を実現。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいこういん【慶光院】

三重県伊勢市にあった臨済宗の尼寺。室町時代中期,守悦尼が開いたと伝えるが,3代清順尼,4代周養尼のとき伊勢神宮と密接な関係を生じた。神宮への崇信が厚い清順尼は,1551年(天文20)宇治橋架橋をなしとげ,その功で慶光院の院号を勅許され,ついで戦国争乱のために20年ごとに造替される神宮社殿の式年の遷宮が100余年も絶えていることを嘆き,後奈良天皇勅旨を得て,勧進聖(かんじんひじり)として回国し浄財を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶光院
けいこういん

伊勢(いせ)国度会(わたらい)郡(三重県伊勢市)宇治浦田町にあった伊勢神宮の尼寺。本寺のない臨済宗の寺で、室町末期に創立された。代々、伊勢神宮の衰微を嘆いて、その復興を志したため、3代清順(?―1566)のとき、その功によって後奈良(ごなら)天皇により上人(しょうにん)号が代々の院主(いんじゅ)に、その住居する寺院に慶光院の名称が与えられた。院主は紫衣(しえ)勅許の比丘尼(びくに)で、伊勢上人あるいは遷宮上人といわれ、神宮の神官をしのぐ権勢を有していたが、1869年(明治2)廃寺となり、その跡は伊勢神宮の神官・祭主の居住所となっている。
 なお、徳川3代将軍家光(いえみつ)の愛妾(あいしょう)お万の方(かた)は慶光院院主から江戸大奥入りしたことで知られる。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

慶光院の関連キーワード三重県伊勢市宇治浦田町三重県伊勢市宇治浦田お万の方(3)慶光院周清尼三重県伊勢市慶光院守悦尼慶光院清順尼慶光院周養尼慶光院周養慶光院周清慶光院清順慶光院守悦上部貞永お万の方日秀妙光足代弘興周清尼

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慶光院の関連情報