コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶安の御触書 けいあんのおふれがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶安の御触書
けいあんのおふれがき

慶安2 (1649) 年2月,江戸幕府の出した法令。1巻。 32条。諸国郷村を対象として公布したが,法令というよりはむしろ農民の守るべき心得書といった性質を帯びている。『徳川禁令考』『財政経済史料』『条令拾遺』に所収

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の慶安の御触書の言及

【慶安御触書】より

…1649年(慶安2)2月26日,江戸幕府が公布した〈諸国郷村江被仰出〉という触書を通常〈慶安御触書〉〈慶安の御触書〉といっている。全32ヵ条からなり,幕府の農村法令では最も詳細なもので,農民の日常生活,農業経営,農民の心得などをこまかに規制している。…

※「慶安の御触書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慶安の御触書の関連キーワード慶安御触書百姓往来作間渡世御触書慶安

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android