慶松 勝左衛門(読み)ケイマツ ショウザエモン

20世紀日本人名事典の解説

慶松 勝左衛門
ケイマツ ショウザエモン

明治〜昭和期の薬学者 日本薬剤師協会会長;参院議員(日本自由党)。



生年
明治9年9月21日(1876年)

没年
昭和29(1954)年1月28日

出生地
京都府京都市

旧姓(旧名)
慶松 勝太郎

学歴〔年〕
東京帝大医科大学薬学科〔明治34年〕卒

学位〔年〕
薬学博士

経歴
東京帝大医科大学助手、東京衛生試験所技師、関東都督府中央試験所長、満鉄中央試験所長を経て、大正11年東京帝大薬学科教授となり、薬品製造学講座を担当した。戦争中は医薬品統制社長、戦後は昭和21年に貴院議員に勅選され、22年の参院選挙では全国区から当選し1期。日本薬剤師協会会長を務めた。在満中は大豆製油試験工場を建設、溶媒製油工業の端緒を開拓、また撫順炭、油頁岩の低温乾留研究では液体燃料工業の道を拓いた。サルバルサンの国産化にも成功をおさめる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

慶松 勝左衛門
ケイマツ ショウザエモン


専攻分野
有機合成化学

肩書
参院議員(日本自由党),日本薬剤師協会会長

旧名・旧姓
旧名=勝太郎

生年月日
明治9年9月21日

出生地
京都府京都市

学歴
東京帝大医科大学薬学科〔明治34年〕卒

学位
薬学博士

経歴
東京帝大医科大学助手、東京衛生試験所技師、関東都督府中央試験所長、満鉄中央試験所長を経て、大正11年東京帝大薬学科教授となり、薬品製造学講座を担当した。戦争中は医薬品統制社長、戦後は昭和21年に貴院議員に勅選され、22年の参院選挙では全国区から当選し1期。日本薬剤師協会会長を務めた。在満中は大豆製油試験工場を建設、溶媒製油工業の端緒を開拓、また撫順炭、油頁岩の低温乾留研究では液体燃料工業の道を拓いた。サルバルサンの国産化にも成功をおさめる。

没年月日
昭和29年1月28日

家族
長男=慶松 一郎(厚生省初代薬務局長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

慶松 勝左衛門 (けいまつ かつざえもん)

生年月日:1876年9月21日
明治時代-昭和時代の薬学者。日本薬剤師協会会長;参議院議員
1954年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android