コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルバルサン サルバルサン Salvarsan

翻訳|Salvarsan

6件 の用語解説(サルバルサンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルバルサン
サルバルサン
Salvarsan

C12H12As2H2O2 。3-アミノ-4-オキシフェニルアルソン酸の還元によって得られる淡黄色粉末。 P.エールリヒが合成したときの番号が 606であったことから 606号ともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サルバルサン(Salvarsan)

梅毒などの治療薬。砒素(ひそ)化合物で、化学療法剤の最初のもの。現在は使用されない。1910年、エールリヒ秦佐八郎(はたさはちろう)が606番目に試験したところから606号ともいう。商標名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サルバルサン

1910年エールリヒ秦佐八郎らが創製したアルセノベンゾールの誘導体(606号)。駆梅剤として化学療法剤の端緒をなしたもので,ドイツヘキスト社からサルバルサンの名で市販された。
→関連項目アルスフェナミン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サルバルサン【Salvarsan】

1910年に秦佐八郎とP.エールリヒらが開発した梅毒治療薬で,化学療法剤の第1号。有機ヒ素化合物で,化学名は3,3′‐ジアミノ‐4,4′‐ジヒドロオキシアルセノベンゼンの塩酸塩。秦らは多数の有機ヒ素化合物を合成し,それら一つ一つの実験梅毒に対する効果を調べたが,606番目のものが最も効果が高く,かつ毒性が弱いことを発見した。製造番号から,この薬剤は606号と呼ばれ,ドイツのヘキスト社からサルバルサンの名で市販された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サルバルサン【Salvarsan】

梅毒・ワイル病などの特効薬。有機ヒ素化合物で、ドイツのエールリヒと秦佐八郎の研究により1910年に開発された。化学式 C12H12As2N2O2 最初の合成化学療法剤。合成製造番号から六百六号ともよばれる。アルスフェナミン。商標名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルバルサン
さるばるさん
Salvarsan

1910年にエールリヒと秦佐八郎(はたさはちろう)が共同で発見した世界最初の梅毒治療剤。アルスフェナミン、アルゼノベンゾールの市販名であり、開発番号が606番目の化合物であったので606号と俗称された。その後改良が加えられ、「ネオサルバルサン」、「ネオネオサルバルサン」、アセタゾールなどが市販されたが、ヒ素の化合物で副作用があるため、抗生物質の出現により現在はまったく使用されていない。語源はラテン語で「世を救うヒ素」の意。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサルバルサンの言及

【エールリヒ】より

…この側鎖説は〈エールリヒの側鎖説〉と呼ばれ,この業績によって,1908年,E.メチニコフとともにノーベル生理・医学賞が授けられた。一方,病原体に有効な化学物質の発見にも力をいれ,1904年に志賀潔とともにトリパノソーマに有効なトリパン・レッドを,10年に秦佐八郎とともに梅毒の病原体トレポネマに有効なサルバルサンを発見し,化学療法の創始者となった。このほか,ジフテリアの血清療法を始めるなど業績は多い。…

【化学療法】より

…ついで彼と秦佐八郎は多数の有機ヒ素化合物を系統的に合成し,それらの実験梅毒に対する効果を一つずつしらべた。606番目の合成品に至って,これが最も毒性が弱く効果の高いことが発見され(1910),サルバルサンと命名されて臨床にも使用されることになった。こうした方法によって,原虫や梅毒トレポネマに対する化学療法はその後も発展した。…

【梅毒】より

…梅毒が他の性病と区別されるようになったのは,1905年にF.R.シャウディンとホフマンErich Hoffmann(1868‐1959)により梅毒トレポネマが発見されて以後のことである(はじめスピロヘータ・パリダと命名,のちにトレポネマ・パリズムと改称)。1910年P.エールリヒ,秦佐八郎によって有機ヒ素剤であるサルバルサンが開発され,初めての化学療法剤として梅毒の治療に用いられたが,治療効果は不十分であり,副作用が多発した。40年代以降は,梅毒に対してはペニシリンを中心とする抗生物質による治療が行われるようになった。…

【秦佐八郎】より

…明治~昭和初期の細菌学者。P.エールリヒと共同でサルバルサンを発見し,化学療法の端緒を開いた。島根県生れ。…

※「サルバルサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サルバルサンの関連キーワード秦佐八郎ルリヒラタムシ業平ひらりひらり六百六号アリエール 緑茶成分入りペールエール島根県益田市美都町都茂賀茂成平エールリヒの側鎖説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サルバルサンの関連情報