コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶融 けいゆう

美術人名辞典の解説

慶融

鎌倉中期の歌人・僧。藤原為家の子、定家の孫。仁和法眼に至る。『続拾遺集』が選せられた時、和歌所開闔であった。和歌十七首が『続拾遺集』以下の勅撰集に収められている。私撰集『残葉集』、歌論集『追加』がある。のち関東に移住した。嘉元元年(1203)頃まで生存。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶融 けいゆう

?-? 鎌倉時代の僧,歌人。
藤原為家の子。仁和(にんな)寺の法眼。弘安(こうあん)元年(1278)の「続拾遺(しょくしゅうい)和歌集」の撰集時に和歌所の次官をつとめた。編著に私撰集「残葉集」,歌論書「追加」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

慶融の関連キーワード鎌倉時代制詞

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android