コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶融 けいゆう

2件 の用語解説(慶融の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

慶融

鎌倉中期の歌人・僧。藤原為家の子、定家の孫。仁和寺法眼に至る。『続拾遺集』が選せられた時、和歌所開闔であった。和歌十七首が『続拾遺集』以下の勅撰集に収められている。私撰集『残葉集』、歌論集『追加』がある。のち関東に移住した。嘉元元年(1203)頃まで生存。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶融 けいゆう

?-? 鎌倉時代の僧,歌人。
藤原為家の子。仁和(にんな)寺の法眼。弘安(こうあん)元年(1278)の「続拾遺(しょくしゅうい)和歌集」の撰集時に和歌所の次官をつとめた。編著に私撰集「残葉集」,歌論書「追加」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone