和歌所(読み)わかどころ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和歌所
わかどころ

勅撰和歌集撰述などを行うために,宮中臨時に設置される役所。『古今和歌集撰進の宣下が実質的な和歌所の始りであるが,正式に設置されたのは,村上天皇の天暦5 (951) 年で,『万葉集』の訓点事業,『後撰和歌集』の撰進を行わせた。その後は『新古今和歌集』『続古今和歌集』『新千載和歌集』『新拾遺和歌集』『新続古今和歌集』の撰進のときにおかれた。すべての勅撰集に対しておかれたわけではない。勅撰集の撰述が絶えてからはおかれることがなかったが,1888年宮内省御歌所 (おうたどころ) として復活してからは常置され,現在にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

和歌所【わかどころ】

勅撰和歌集編纂(へんさん)などのため,宮中に臨時に設けられた役所。《古今和歌集》のとき初めて設置されたが正式の名称はなかった。951年梨壺(なしつぼ)に撰和歌所を設け,藤原伊尹(これただ)を別当(長官)に,源順(したごう)など5人を寄人(よりうど)として,《後撰和歌集》の撰集と《万葉集》の訓読を行ったのが最初。勅撰集が絶えるとともに見られなくなったが,1888年設置の御歌所(おうたどころ)がその系譜継承

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかどころ【和歌所】

勅撰和歌集のために設けられた撰集所。《古今和歌集》(905)撰進のときは内御書所をあてたが名はなく,正式には《後撰和歌集》(951)撰進のときに昭陽舎(梨壺(なしつぼ))に撰和歌所の置かれたのが最初。1201年(建仁1)に院御所に設けられた和歌所は《新古今和歌集》の撰定にあたった。その後臨時に設置されたこともあるが,勅撰和歌集の撰集が途絶えて後は中断し,1888年(明治21)に宮内省に御歌所が置かれるに至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和歌所
わかどころ

勅撰(ちょくせん)集の編集にあたって宮中に設けられる臨時の部署。『古今和歌集』のときの承香殿(しょうきょうでん)は別に名づけられなかったが、951年(天暦5)昭陽舎(しょうようしゃ)(梨壺(なしつぼ))に和歌所を置き、源順(したごう)ら5人に命じて『万葉集』の訓読(古点)、『後撰和歌集』の編集を行わせたのが始まり。撰者1人のときは置かれなかったが、1201年(建仁1)『新古今和歌集』編集のため二条殿に置かれ、その後は複数撰者のときに置かれ、別当、開闔(かいこう)、寄人(よりゅうど)などが任ぜられた。鎌倉中期以降は、二条家が和歌師範家として公的に認められ、家に和歌所を常置したものと思われ、勅撰撰者に下命された場合は、そのための和歌所が併置された。

[橋本不美男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

わか‐どころ【和歌所】

〘名〙 平安時代以降、勅撰集の撰集をつかさどった臨時の役所。村上天皇の天暦五年(九五一)に「後撰集」の撰集と「万葉集」の訓読のために梨壺(なしつぼ)に置かれ、ついで「新古今集」撰集のため二条殿に置かれ、以後、複数撰者の時に設置された。別当、開闔(かいこう)、寄人(よりゅうど)などの職員からなる。
※本朝文粋(1060頃)一二「侍中亜将為撰和歌所別当御筆宣旨奉行文〈略〉源順」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

和歌所
わかどころ

勅撰和歌集の編集や和歌の講義をする役所
951年村上天皇のとき,宮中の梨壺に設けられ,『万葉集』の訓点事業,『後撰和歌集』の撰進にあたったのをはじめとする。常置的な機関ではなく,また時には歌人の私宅(二十一代集最後の『新続古今和歌集』の場合など)に置いた。明治時代に復活し,1888〜1945年宮内省に置かれた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報