コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憨山徳清 かんざんとくせい Gǎn shàn dé qīng

1件 の用語解説(憨山徳清の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんざんとくせい【憨山徳清 Gǎn shàn dé qīng】

1546‐1622
中国,明末の華厳僧。字は澄印,憨山は号。安徽省全椒の人。つとに禅門に入り,後には教禅一致論の代表的存在となる。同時代の傑僧紫柏真可との交情は厚い。50歳の時,慧能(えのう)ゆかりの曹渓に流謫(るたく)され,その旧跡を復興し,社会活動に奔走し士大夫に畏敬された。廬山にも住まったがまた曹渓に帰り示寂した。著述は内典のほかに外典の《大学》《中庸》などにも及んでいる。遺文集《夢遊集》がある。【吉田 公平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

憨山徳清の関連キーワード袁宏道呉三桂宋応星智旭智儼華厳華厳会華厳時呉承恩馮夢竜

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone