コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憨山徳清 かんざんとくせいGǎn shàn dé qīng

世界大百科事典 第2版の解説

かんざんとくせい【憨山徳清 Gǎn shàn dé qīng】

1546‐1622
中国,明末の華厳僧。字は澄印,憨山は号。安徽省全椒の人。つとに禅門に入り,後には教禅一致論の代表的存在となる。同時代の傑僧紫柏真可との交情は厚い。50歳の時,慧能(えのう)ゆかりの曹渓に流謫(るたく)され,その旧跡を復興し,社会活動に奔走し士大夫に畏敬された。廬山にも住まったがまた曹渓に帰り示寂した。著述は内典のほかに外典の《大学》《中庸》などにも及んでいる。遺文集《夢遊集》がある。【吉田 公平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

憨山徳清の関連キーワードアグリコラ(Georgius Agricola)キリシタン関係主要人名ペドロ=バウチスタ表千家クウェート宗教改革史(年表)山口直友最上義光山口直友レポン寺

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android