憨山徳清(読み)かんざんとくせい(英語表記)Gǎn shàn dé qīng

世界大百科事典 第2版の解説

かんざんとくせい【憨山徳清 Gǎn shàn dé qīng】

1546‐1622
中国,明末の華厳僧。字は澄印,憨山は号。安徽省全椒の人。つとに禅門に入り,後には教禅一致論の代表的存在となる。同時代の傑僧紫柏真可との交情は厚い。50歳の時,慧能(えのう)ゆかりの曹渓に流謫(るたく)され,その旧跡を復興し,社会活動に奔走し士大夫に畏敬された。廬山にも住まったがまた曹渓に帰り示寂した。著述は内典のほかに外典の《大学》《中庸》などにも及んでいる。遺文集《夢遊集》がある。【吉田 公平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android