コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流謫 リュウタク

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐たく〔リウ‐〕【流×謫】

るたく(流謫)

る‐たく【流×謫】

[名](スル)罪によって遠方へ流されること。遠流。りゅうたく。「流謫の身」
[補説]作品名別項。→流謫

るたく【流謫】[作品名]

サン=ジョン=ペルスの詩「追放」の別邦題。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうたく【流謫】

( 名 ) スル
るたく(流謫) 」に同じ。

るたく【流謫】

( 名 ) スル
罪により、遠地へながされること。島流し。謫流。りゅうたく。 「 -の身」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

流謫の関連キーワード鹿児島県大島郡龍郷町龍郷ヨハネス・クリソストモスサン・ジョン・ペルス鹿児島県大島郡龍郷町辞(中国古典文学)サンジョンペルスクリュソストモスメーガドゥータカバルカンティ黄州寒食詩巻深見十左衛門ゲルショム勝井五八郎貴種流離譚龍郷(町)剪燈新話バンビル配所残筆中朝事実明石入道

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android