コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懺悔文 さんげもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懺悔文
さんげもん

法要のときに仏前懺悔を表わす。『華厳経』普賢行願品にある文が最も有名である。「我昔所造諸悪業。皆由無始貪瞋癡。従身語意之所生。一切我今皆懺悔 (われ昔つくりしところの諸の悪業は,みな無始の貪,瞋,癡による,身,語,意より生じるところなり,一切われいまみな懺悔す) 」。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんげ‐もん【×悔文】

法要の一つとして唱える、懺悔の意を表した文。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

懺悔文の関連キーワード法要

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android