コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懺悔文 さんげもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懺悔文
さんげもん

法要のときに仏前懺悔を表わす。『華厳経』普賢行願品にある文が最も有名である。「我昔所造諸悪業。皆由無始貪瞋癡。従身語意之所生。一切我今皆懺悔 (われ昔つくりしところの諸の悪業は,みな無始の貪,瞋,癡による,身,語,意より生じるところなり,一切われいまみな懺悔す) 」。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

懺悔文の関連キーワード法要

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android