コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所生 ショショウ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐しょう〔‐シヤウ〕【所生】

しょせい(所生)

しょ‐せい【所生】

生みの親。また、出生地。しょしょう。
生んだ子。また、生み出したもの。しょしょう。
「―の子を養育し」〈福沢福翁百話

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょしょう【所生】

しょせい【所生】

〔「しょしょう」とも〕
ある物を生み出したもの。生み出したところ。父母・家筋・出生地など。
あるものが生み出したものや作り出したもの。 「文豪-の言葉」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

所生の関連キーワード長屋王(ながやおう)藤原今子(1)グユク・ハン佐久間貞一後水尾天皇西園寺実氏藤原信隆仲野親王坊門信清佐久間勉高倉天皇上東門院村上源氏九条道家光仁天皇承和の変藤原義懐東福門院三条天皇日野重子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android