成仏得脱(読み)ジョウブツトクダツ

デジタル大辞泉の解説

じょうぶつ‐とくだつ〔ジヤウブツ‐〕【成仏得脱】

仏道修行の結果悟ることができて、煩悩(ぼんのう)から脱すること。また、死んでこの世の苦しみから解放されること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうぶつとくだつ【成仏得脱】

仏となって苦や迷いのある境地から脱すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうぶつ‐とくだつ ジャウブツ‥【成仏得脱】

〘名〙 語。仏果を得て、煩悩の繋縛(けばく)を脱すること。また、死んでこの世の苦しみをのがれること。
※平家(13C前)一〇「成仏得脱して、さとりをひらき給ひなば、娑婆の故郷にたちかへって妻子を道びき給はん事、還来穢国度人天、すこしも疑あるべからず」
※光悦本謡曲・藤戸(1514頃)「かの岸に至り至りて、成仏得脱の身となりぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android