コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繋縛 けばく bandhana

3件 の用語解説(繋縛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繋縛
けばく
bandhana

仏教用語。心が煩悩や妄想あるいは外界の事物のために束縛されて自由を失った状態をいう。解脱の対語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けい‐ばく【×繋縛】

[名](スル)
つなぎしばること。また、そのもの。ほだし。「繋縛を解く」
精神的に束縛すること。「規則に繋縛される」

け‐ばく【×繋縛】

仏語。心が煩悩(ぼんのう)や外界の事物にしばられて、迷いの状態にあること。
けいばく(繋縛)」に同じ。
「言葉に花を咲かせんと思ふ心に―せられて、句長(くなが)になるなり」〈申楽談儀

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

繋縛の関連キーワード子煩悩十惑智剣百八煩悩法剣煩悩あれば菩提あり煩悩鷺煩悩濁煩悩魔忍界

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone