コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田層群 なりたそうぐんNarita group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成田層群
なりたそうぐん
Narita group

千葉県房総半島北部を中心に発達する第四紀更新世後期の地層の総称。一般に3分され,下部から地蔵堂,藪,成田層に分けられるが,貝化石の多産する成田層が特に著名。成田層は内湾性の堆積物で,東京都の山手台地から茨城県霞ヶ浦周辺の常総台地まで追跡され,その化石群集などから,当時は鹿島灘方向に開いた寒流の入る内湾であったとされる。時代は数万年前,最後の氷期かそれ以前と推定されている。 (→古東京湾 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

成田層群の関連キーワード常陸台地鹿野山

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android