コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田層群 なりたそうぐんNarita group

1件 の用語解説(成田層群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成田層群
なりたそうぐん
Narita group

千葉県房総半島北部を中心に発達する第四紀更新世後期の地層の総称。一般に3分され,下部から地蔵堂,藪,成田層に分けられるが,貝化石の多産する成田層が特に著名。成田層は内湾性の堆積物で,東京都の山手台地から茨城県霞ヶ浦周辺の常総台地まで追跡され,その化石群集などから,当時は鹿島灘方向に開いた寒流の入る内湾であったとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone