コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古東京湾 ことうきょうわん Paleo-Tokyo bay

2件 の用語解説(古東京湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古東京湾
ことうきょうわん
Paleo-Tokyo bay

第四紀更新世の中・後期に,鹿島灘に湾口をもって関東平野地域に存在したと推定される湾。 1927年矢部長克が命名。いまの東京湾はまだ存在せず,当時の海成層に産する貝化石はホタテガイ類など北方系のものが混っていて,水温は現在の東京湾より低かったといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古東京湾【ことうきょうわん】

第四紀更新世の中期に関東平野に広がっていた内湾。氷期・間氷期の繰り返しによる拡大縮小を繰り返しながら,全体としては時代とともに外洋の影響の強い海湾から内湾へと変化し,やがて更新世後期に消滅した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

古東京湾の関連キーワード更新世洪積世大氷河時代第四紀ニセコアンヌプリ第四系ナウマン象鹿嶋鈴石第四紀学

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone