成竹(読み)セイチク

デジタル大辞泉の解説

せい‐ちく【成竹】

蘇軾「篔簹谷偃記」から。竹の絵を描くとき、胸中にその構図を描いたのち始める意から》前もって立てている計画。十分な見通し。成算。
「胸中已(すで)に―ある千々岩は」〈蘆花不如帰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいちく【成竹】

〔蘇軾の「篔簹谷偃竹記」に「竹を描くのに、まず完全な竹の形を心の中で想像して、そののち書き始める」とあるところから〕
あらかじめ立てる計画。十分な見込み。成算。 「胸中すでに-あり」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android